ジスロマックは性病だけに効果があるお薬ではなく、歯周病などにも効果があります。ちょっとした病を治すにはジスロマックを使ってみましょう。効果が強いぶん副作用もありますので、使用される際は必ずジスロマックの注意事項などを理解して使いましょう。

後天性免疫不全症候群とジスロマックと乳房の病気

世の中には、様々な感染症があります。
性感染症として有名なのが、性器クラミジア感染症です。
最近では、10代、20代という若い患者が増えており、高校生の感染者も出ています。
性器クラミジア感染症は、クラミジアが生殖器などに感染することで起こります。
最近は、オーラルセックスが広まった影響で、喉に感染するケースも増えています。
性器クラミジア感染症は、抗生物質を使って治療します。
よく使われるのが、ジスロマックです。
ジスロマックは、マクロライド系の薬で、感染症の治療に使われることが多いです。
ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシンです。
アジスロマイシンは、細菌のタンパク質の合成を防ぎ、細菌が増殖するのを防ぎます。
性器クラミジア感染症は、治れば再発はしませんが、再感染することはあるので、注意が必要です。
また、治療後に検査を受けて、確実に治ったかどうか、確認することも大事です。
自分が治っても、パートナーが性感染症に感染していると、再度感染する可能性があるので、できることならパートナーも一緒に検査した方がいいです。
乳腺炎は、乳首などに傷ができ、そこから乳房内部に細菌が入って起こる病気です。
乳腺炎の診断は、乳房専用のレントゲン検査機で検査し、乳房内のしこりなどがないか調べます。
後天性免疫不全症候群は、HIV感染によって発症します。
現在では、後天性免疫不全症候群にかかっても、早期に適切な治療を受けることで免疫力の低下を防ぎ、普通の生活を送ることも可能となっています。
日本では、後天性免疫不全症候群の患者数は、新規感染者と合わせると2万人以上いると言われています。
偏見を恐れて検査を受けない人もいるので、実際の感染者数は、もっと多いと考えられています。
後天性免疫不全症候群の検査は、無料で受けることができるので、感染の不安がある人は、早めに検査を受けた方がいいです。