ジスロマックは性病だけに効果があるお薬ではなく、歯周病などにも効果があります。ちょっとした病を治すにはジスロマックを使ってみましょう。効果が強いぶん副作用もありますので、使用される際は必ずジスロマックの注意事項などを理解して使いましょう。

ジスロマックが効かない理由

ジスロマックは、細菌性の感染症に対して効果を発揮する医薬品とされています。分類としてはマクロライド系抗生物質とよばれているもので、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎といったのどの病気、肺炎や急性気管支炎といった肺の病気などではよく用いられていますし、尿道炎や子宮頚管炎、淋病感染症などの泌尿器科や婦人科系統の病気でも処方されることがあります。
このジスロマックというのは、対応菌種が比較的広く、ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、淋菌、クラミジア、マイコプラズマなどが該当しているため、これらの細菌類が原因となって、炎症や発熱などを引き起こしている場合には、一定量を飲み続けることによって、やがて細菌の増殖が抑制されて、症状が改善に向かうのです。
しかし、こうした病気にかかっていて、ジスロマックをきちんと服用したにもかかわらず、いっこうに症状が改善されないということも、なかにはないわけではありません。これにはいくつかの理由が考えられますが、たとえば同じような症状をもつ別の病気であったため、ジスロマックの対応菌種から外れていたということが、まずは挙げられるでしょう。この場合は医師に相談の上で、症状をさらにくわしく話して処方を変えてもらうのがよいかもしれません。
また、ジスロマックにも耐性菌とよばれる種類の細菌があらわれてきているというのも疑ったほうがよいといえます。これは、ジスロマックのような抗生物質を多用している場合に起こりうるもので、病気をもたらす細菌のほうが抗生物質に慣れてしまって、効き目がなくなったものを指しています。この場合も、同じ抗生物質ではあっても、化学組成の違う別の銘柄の医薬品に交換してもらうと上手くいくことがあります。