何でも治療できるジスロマック

ジスロマックは性病だけに効果があるお薬ではなく、歯周病などにも効果があります。ちょっとした病を治すにはジスロマックを使ってみましょう。効果が強いぶん副作用もありますので、使用される際は必ずジスロマックの注意事項などを理解して使いましょう。

ジスロマックが有効な病って何?

ジスロマックはマクロライド系抗生物質のひとつで、蛋白合成阻害薬に分類され、様々な感染症の治療に用いられます。感染症はウイルスや細菌、真菌、原虫などの病原微生物によって引き起こされますが、ジスロマックの成分であるアジスロマイシンは細菌に対して抗菌作用を示します。正しくは蛋白合成開始複合体であるリボソームに働きかけ、蛋白鎖の伸長を阻害することで、細菌の発育を阻止します。つまり細菌であればほとんどの感染症に適応し、症状を緩和すると同時に殺菌的な作用で治療します。主な適応菌種としてブドウ球菌、レンサ球菌、ヘリコバクター・ピロリ菌、マイコプラズマ属、クラミジア菌、淋菌といったものがあります。症状としては皮膚感染症、クラミジア、淋病などの治療に用いられ、特にクラミジアに高い効果を発揮することからも、クラミジアの特効薬のように使用されることがあります。淋病とクラミジアの両方に効果が出ることからも、性感染症の治療薬として使用されることが多いのですが、その他の症状にも適応しており、様々な病気に使用されるので、ジスロマックが性病の治療薬というわけではありません。また、ジスロマックには活性酸素産生能を抑制することで、抗炎症作用があることも認められており、様々な病気で起こる炎症を鎮めるために処方されることも少なくありません。そのため、高熱を伴う風邪による関節痛や、歯医者での歯周病、耳鼻科で見られる中耳炎、その他にもリンパ管・リンパ節炎、気管支炎などの症状に用いられます。ペニシリン系やセフェム系の抗生物質では効果がみられないマイコプラズマにも有効なため、それが原因となる肺炎の治療にも用いられます。結果的にインフルエンザによる二次感染を防ぐ意味からも、インフルエンザ治療でジスロマックを処方することがあるようです。
■効果的な薬を安く手に入れよう
ジスロマックはお財布の負担が軽い通販で
■さらにお安いジェネリックを選ぶのもおすすめ
アジーを個人輸入して治療を開始しよう
■性器ヘルペスを抑制する薬です
ゾビラックス
■様々なタイプの性病にそれぞれ効果を発揮する治療薬を取り揃えてるサイトさんはこちら
アジスロマイシン